2014年01月28日

日テレ 深イイ話で話題のガムエステダイエット&小顔マッサージを紹介

日本テレビ(2014年1月27日放送)の「人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP」興味深々でした。

今回は「顔やせ!魔法のガムエステダイエット」の著書で歯科医の小川恵子(おがわけいこ)医師が

自身の治療の経験から発案した、小顔効果のあるという歯ぐきマッサージを紹介していましたね。

見ていると、決して人前では出来ない!?と思われる顔になるくらい、顔の筋肉を動かしていましたが、

出演者が口々に「気持ちいい」という言葉を発していたので、

やり始めればきっと続けられそうですね。

夜目る前にこっそりとやった方が良さそうですが・・・明るい部屋で^_^;


説明によると、歯ぐきをもむだけで、全身のめぐりがよくなって小顔になるとのこと。

歯ぐきにはツボ多くそこを刺激することが効果的なようですね。

歯茎のつぼというのがちょっとした驚きですが、確かに首から上、顔や頭はツボだらけなので

歯茎にあっても全然おかしくないですよね。


これなら副作用もなく安心して頑張れそうかも。
posted by 愛にゃん at 14:48| 美容の話題

2013年06月05日

血糖値 正常値 新目標値 3段階

血糖値が高いと言われると、ドキッとしてしまいますよね。

糖尿病になってしまうと好きなモノを好きなだけ食べること、出来なくなってしまいますから。

でも血糖値を正常値に下げられないまま放置してしまうと、

目の網膜や腎臓、神経、足の動脈などに重大な合併症を起こしてしまう危険性があるらしいですね。

身近で糖尿病を患っている人たちをみると、すごく大変そう、いろいろな制約がありますからね。

最悪は目の病気になったり、腎臓が悪くなると透析というもう逃げられないところまでいく可能性もあるそうです。

やはり自分で節制するすかありませんが、それが出来ないから、というのもありますよね。

ちなみに、厚労省の調べによると、糖尿病患者、もしくは予備群の人は、男性で3人に1人、女性では4人に1人で、増加の傾向ということです。

このような状況をふまえて糖尿病学会が合併症予防に向け、分かりやすい3段階の新目標値を設定しました。

詳しくは専門家ではないのでわかりませんが、

過去1-2カ月の平均の血糖値を表す「HbA1c(糖化ヘモグロビン)」を3段階に設定して目標値をすることで、

患者にもわかりやすくなり、また目標を決めることで治療に意欲的に取り組めるようになるということです。

自分の血糖値を把握して、適切に管理しておくことで

食事や運動療法によって糖尿病を予防できたり、またすでに糖尿病の患者であっても

初期であれば投薬など適切な治療で合併症を未然に防いだりできるという効果は大きいかもしれませんね。

どんな病気も同じだと思いますが、すぐにどうこうならないけれど、気が付くとかなりヤバイ!という感じの糖尿病ですから。

普段から気を付けておく必要がありそうですね。
posted by 愛にゃん at 18:36| 日記

2013年04月20日

気になる「サルコペニア肥満」予防しないと要介護?

最近知った言葉「サルコペニア肥満」ってかなり怖い体の状態ですね。

加齢と共に筋肉の量は減っていきます。これは体を鍛えていなければだれでもが感じることですよね。

でも、この「サルコペニア肥満」というのは、筋肉が減れば体重も落ちるはず、のところが、

筋肉が減った分だけ脂肪が増えてしまっているという状態。

ひょっとしたら、筋肉が減る以上に増えているようなことがあるかもしれません。


このサルコペニア、本当にこわいのは、これが進んで筋肉量が低下してくると、

寝たきりになったり、それ以外にもさまざまな障害が起こる可能性も指摘されています。

筋肉が減って脂肪が増えた場合、見た目はあまりかわりはないけれど、

実は肥満による内臓疾患のリスクが増し、筋力不足が合わさることで、動脈硬化や糖尿病のリスクまで高まるそうです。

また筋肉が少なくなると歩行にも問題がでて、転倒などのリスクを抱えることになりますよね。

高齢になっての骨折は、そのまま寝たきり一直線という恐ろしい事態を招く結果にもなりかねないようです。

では、このサルコペニア肥満を回避するにはどうすればいいのか?

それは実に簡単なことで、筋トレをすればいいそうです。

高齢でも筋肉量が増えるというのは科学的にも証明されているそうなので、いつ初めても大丈夫ということです。

もちろん筋力だけではなくて、ウォーキングなどの有酸素運動も組み合わせてやることで、

寝たきりの6割くらいの要因は排除できるそうなので、やるしかなさそうですね。

老化は足からとも言われているそうなので、まずは足の筋トレからはじめるのが良さそうです。

そうすることで、ウォーキングも苦痛なくできるようになるので、一石二鳥ということになりますよね。

加齢とともにどんどん歩かなくなるようですが、寝たきり介護に状態にならないためにも、

頑張って筋トレとウォーキングを心がけた方が良さそうですね。
posted by 愛にゃん at 00:39| 健康の話題