2011年01月19日

緑茶効能でインフルエンザ予防効果が実証!


緑茶効能でインフルエンザの予防効果があることが確認されました。

緑茶の効能では最近はがん予防や悪玉コレステロール値の減少、生活習慣病に対する効能など

さまざまな緑茶の効能がわかってきましたが、

今度は緑茶効能がインフルエンザの発症を減少させることが確認されたとの発表。

「第31回 日本臨床薬理学会年会」で発表された内容になりますが、

「お〜いお茶」の伊藤園の中央研究所と静岡県立大学薬学部の山田浩教授、

そして社会福祉法人白十字会・白十字ホームの田熊規方医学博士との共同研究での結果。

196名の成人ボランティアによる臨床試験の結果なので信頼性も十分ですね。

緑茶効能の主成分は緑茶に含まれるカテキンとテアニン。

このカテキンとテアニンが主役となり、カテキンがウイルスの増殖などを阻み、

テアニンが免疫力を高めるという連携した効果があるということです。

最近になって実証された緑茶の効能ですが、これってまさに日本古来の健康法だったのかもしれないですね。

ここ数年、インフルエンザの脅威は増すばかりで、薬に頼るのも心配な感じ。

子供や高齢者は特に強い薬の副作用なども心配されているため、

緑茶の効能でインフルエンザが予防できるとなれば安心して飲め、

また継続して飲み続けられるため、より効果的かもしれません。

飲み続ければ、お腹の悩みも改善される可能性も高いことが実験の結果わかっています。

緑茶のなかでも深蒸し茶にはβカロチンやビタミンE、クロロフィルなども含まれ、

より体によい成分を摂取することが可能になっています。


最近100円ショップで小型のすり鉢が飛ぶように売れている、という話を聞きました。

ひょっとすると、ためしてガッテン紹介された「すり鉢茶」のせいかもしれません。

「すり鉢茶」とは家庭の普通のお茶を深蒸し茶のように健康効果の高いお茶にする方法です。


作り方は簡単で、

普通の緑茶の茶葉2グラム弱をすり鉢に入れ、
熱湯を小さじ1杯ほどたして、すりこ木で1分ほどする。

ぺースト状になったお茶の葉に熱湯を200mlほど加えて1分ほど置いてから茶こしでこして出来上がり。


ためしてガッテンで調べたところ、普通のお茶なのに、

深蒸し茶と同等以上の健康成分が含まれていたとのことです。


緑茶から作るも良し、深蒸し茶を買うも良し、どちらにしても今すぐ始めたい健康法ですよね。

posted by 愛にゃん at 16:45| 話題の健康食品

2011年01月17日

緑茶効能に生活習慣病予防効果あり!ためしてガッテン


緑茶の効能が掛川市の健康長寿の統計結果で見直されています。

先に書いたように、ただのお茶に驚くべき緑茶効能が実証されつつあります。

緑茶効能を活かす方法であれば実践できると確信が持てるますよね、お茶を飲むだけですから。

掛川スタディーと言われる実験では悪玉LDLコレステロールがわずか3ヶ月で、平均9.02も減少。

この緑茶効能の実験では掛川市民160人に対して、お茶の濃厚エキスカプセルと

でんぷんなどの偽物が入ったそっくりさんを3ヶ月摂取した検査結果で血液検査や腹囲測定を行っていあmす。

ちなみに、この本物の緑茶効能で腹囲も平均で1.86センチ低下したそうです、お茶を飲むだけで。

この緑茶効能のすごさは何といってもお茶を飲むだけ、これだけでこの成果という

誰にでも簡単に出来て効果があるところ、他に緑茶効能と同等の手軽さ、効能があるものって知りません。

気になる一日のカプセル量に相当するお茶の量は、急須で入れたお茶600ml程度とわずかな量ですね。

なので、毎日お茶を急須で600ml入れて、3ヶ月飲むだけで、悪玉LDLコレステロールが

9.02程度減少する可能性があるということ。

この緑茶効能の実験でのサンプリングの数は公表内容からすると再現性もあるのでしょうから期待が持てますね。


注意点としては、単なる緑茶ではなく、深蒸しと呼ばれる製法で作られた深蒸し茶であること。

掛川茶の緑茶効能は深蒸し茶であるため効果効能があると考えれています。

そのため深蒸し茶であれば、掛川茶以外でも同等の効果があるものと考えらているようです。

でも、長寿日本一とか日本二とか言われると、何となく掛川茶を飲んでおこうかなとか思ったりもします。


しかしいままで色々な健康法やら健康食を試してみたり調べてみたりしていますが、

日本人が日常的に飲むお茶にこれだけの緑茶効能があると知っていればもっと早くに

深蒸し茶の一煎目のお茶を飲むように心がけたんですけどね。


ちなみに、以前に書いたように腸内の善玉菌も増えるおかげで腸内環境も整えられ、便秘が改善する可能性もあるそう。


深蒸し茶を、一日600ml、できれば1煎目、継続が前提だけど、まずは3ヶ月を目標に続けてみたいですね。

posted by 愛にゃん at 23:35| 話題の健康食品

2011年01月16日

掛川緑茶深蒸し茶の効能でがん予防?ためしてガッテン


掛川の緑茶深蒸し茶の効能が見直され、いま大学・国の研究機関や掛川市などが

大規模に掛川の緑茶・深蒸し茶の厳密な実験を進めています。

それは、健康長寿の町、掛川市で日常的に飲まれている掛川の緑茶・深蒸し茶が

がんの予防や心疾患、脳血管疾患の予防など生活習慣病に効果効能がある可能性が高いからです。

緑茶のがん予防効果については、効果のあり・なしで意見が分かれているようですが、

お茶をたくさん飲む掛川市でがんの死亡率が日本一低いという事実から

がん予防の効果がある可能性が高いと期待されています。


お茶をたくさん飲む習慣がある掛川市民の方達は食中・食後はもちろんのこと、

朝から晩までとりあえずお茶を飲んでいるということです。

その結果、人口十万人以上の都市で女性のがん死亡率の低さが日本で1位、男性も2位という結果。

これは緑茶・深蒸し茶とがん予防効果効能の関係はありそうに思えますよね。

そう考えると、科学で解明されるずっと以前から日常的に愛飲している普通の緑茶・深蒸し茶。

その緑茶・深蒸し茶にこんな超健康パワーがあったとは気づきもせずに健康に役立てていたのだからすごい。

ちなみにがんの死亡率ランキングでは男女それぞれに上位15市区中、7市区がお茶の産地というのも興味深いですね。


掛川の緑茶・深蒸し茶ががん予防に効果的あるのはわかりましたが、

それ以外にも生活習慣病に掛川の緑茶・深蒸し茶の効能があるというのは画期的なことかもしれません。

ただお茶を飲むだけで、悪玉LDLコレステロール値が下がったり、

それにより心疾患、脳血管疾患予防となり、いま問題のメタボも解消、

となれば継続的に出来る予防策としては一番簡単かもしれません、お茶を飲むだけですからね。

出来れば一煎目のお茶がカテキン、テアニン、ビタミンCが豊富に含まれているので

意識して一煎目のお茶を飲むようにした方がいいのかもしれません。


気をつけたいのが、掛川の緑茶は深蒸し茶であるということ。

この緑茶の深蒸し茶には、普通のお茶にほとんど含まれない

βカロチンやビタミンE、クロロフィルも含まれていて、

βカロチンには抗酸化作用、ビタミンEには免疫機能改善効果、血行促進作用、

クロロフィルには腸内環境を整える働きがあるそうです。


また腸内環境を整える善玉菌も緑茶・深蒸し茶を飲み続けることで

割合が向上することをためしてガッテンの実験結果でわかりました。

ただし、飲み続けないと善玉菌の割合も下がるので、飲み続けてこそ効果効能あり、のようです。

ちなみに、緑茶・深蒸し茶はいまお茶さんであればどこでも売っているので簡単に入手可能です。

この緑茶・深蒸し茶の健康法は、簡単だから続けられる、ということが大切な気がします。


ためしてガッテンでも緑茶・深蒸し茶の代わりに「すり鉢茶」を開発して紹介していましたが、

継続することが大切、ということから考えると簡単に飲み続けられる方法を

まず最優先して、楽しみとして「すり鉢茶」も作ってみるのがいいのかもしれないですよね。

posted by 愛にゃん at 00:30| 話題の健康食品