2011年03月22日

『つめをもむ』免疫力を高める方法 エチカの鏡


フジテレビのエチカの鏡で簡単に免疫力を高める方法として

紹介された2つ目は『つめをもむ』ことで免疫力を高める方法でした。

『つめをもむ』方法は以前からマスコミなどで取り上げられ有名ですね。

やるべきことはいたって簡単、誰にでもできる方法ですが効果は高いとのこと。


2,つめをもむ→免疫力が高まる。

人間の体は日中の活発な動作の源である交換神経優位な状態と

眠ったり体を休める源である副交感神経優位の状態という二つの

自立した神経がバランスよく働くことによって支えられ免疫力が正常に保たれている。

不規則な生活やプレッシャーなどストレスが多い現代社会では、

交感神経優位の状態になりやすく、もとの状態に戻すためにも

副交感神経優位にすることが大事なのだといいます。

ではどのようにして副交感神経優位にするのか、?


つめをもむことが交感神経と副交感神経に大きく関係しているそうです。

その関係を利用して、つめをもむことで副交感神経優位にします。

つめの付け根脇には自立神経が集まっているところがあります。

つめもみはその自律神経を刺激して免疫力を上げていくという方法です。


親指、人差し指、中指、小指は副交感神経を刺激し、薬指は交換神経を刺激するということです。

ストレスフルで交感神経優位の状態の時に、この4本の指をもめば

副交感神経を優位にすることができ、免疫力を高めることができるといいます。


エチカの鏡の番組中、実際にディレクターが実験してみたところ、

まずは交感神経がかなり優位になっている状態が計測されていました。

そこで、今井先生に1分間つめをもんでもらい、再び自律神経のバランスを測定したところ、

たった1分のつめもみで交感神経優位が減り、逆に副交感神経の割合が増加していました。


そこで正しいつめもみのやり方を今井先生が紹介していました。


@人差し指と親指でもう一方のつめの生え際を少し痛い程度に押す。

A1本の指につき、10秒から20秒程度もむ。

Bこれを親指、人差し指、中指、小指ともんでいく。

C同様に反対の手のつめも薬指以外の4本をもんでいく。

これで簡単に免疫力がアップできるそうです。

確かに、このつめもみは以前から免疫力アップに有効とだと言われていますよね。

posted by 愛にゃん at 10:00| 健康の話題

2011年03月21日

免疫力を高める方法 体温を上げる エチカの鏡


免疫力を高める必要がなぜあるのか?

いま免疫力を高める方法に関する本やテレビ番組が人気となっています。

免疫力は年をとるとともに衰えていくと言われています。

その上私たち人間は生きている限り、毎日5〜6000個のガン細胞を作っているそうです。

免疫力が低い人は、発ガン率が高くなってしまうと言われています。

そこで免疫力を高める方法がエチカの鏡で特集されました。

日常簡単にできる免疫力を高める方法について紹介された内容を復習してみました。

簡単にできる、免疫力を高める6つの方法が紹介されましたが、

今回はその1番目、体温を上げる方法ついてです。


1,体温を上げる方法。

まずは体温をあげて免疫力を高める方法となります。

体温を上げると白血球が活性化するという理由から、まず体温を上げることが大切。

体温が1℃上がると、白血球の強さは3倍くらいに高まると言われています。

そこで免疫力を高める鍵として注目を集めているのが『体温』です。

風邪のとき熱が出るのは、白血球の働きが活発になり、病原菌を倒そうと

脳が熱を出すように指令するためにおこる現象です。


理想の体温は36℃〜37℃と言われています。

最近は平熱が36℃より低いという低体温の人が増えているそうです。

実は私も35℃+α程度とかなり低めで、体温を上げる必要性を感じていたところでした。


では、具体的にどのようにすれば有効に体温を上げることができるのか?


平熱を上げていくには基礎代謝を高めていく必要があります。

そのためには筋肉量が増えていくことが大事だそうです。

ゆったりゆっくりとした運動で筋肉量を増やし、平熱を上げていくことが大事らいいですね。


エチカの鏡でまず紹介されたのが、『ゆる体操』でした。

ゆっくりとした誰にでもできる体操なので試してみる価値はありそうです。

『ゆっくりした運動、優しい動き、頑張らせないのが、

深いところの筋肉を動かして、そして温かくなる』

と『ゆる体操』の指導者の方のお話でした。

人間の体は筋肉に弾力性がある状態が理想的で、これをゆるんだ状態といいます。

ゆるんだ状態では、血液の循環がよくなり、温かい血が全身を巡って体温が上がりると言います。


ゆる体操の方法は動画を見てもらうのがいいかも(言葉で説明できないので)

その他、実際に免疫力を高める体操として『ヨガ』や『太極拳』なども、

ゆっくりした動きの運動が免疫力を高める効果があるとのことでした。

posted by 愛にゃん at 13:03| 健康の話題

免疫力を高める6つの方法 エチカの鏡が紹介


フジテレビの『エチカの鏡』で以前『免疫力を高める』特集が放送されていました。

改めて観たところ非常に有効なことが紹介されていました。

個人的にはこの免疫力が健康の源ではないかと思っています。

すぐに病気にかかる人、少々無理をしてもまったく病気にならない人、

同じようにしていてもまったく逆の結果が出てしまうことが不思議でした。

今回『エチカの鏡』の『免疫力を高める』特集を観てなるほどと納得するとともに、

免疫力をアップする有効な方法が紹介されていたので、ここで紹介したいと思います。


まずは免疫力について。

免疫力が衰えるとさまざまな病気になりやすくなります。

では具体的に『免疫力を高めるにはどうすればいいのか?』


番組では日本でも数少ない免疫外来がある九州・福岡の『みらいクリニック 今井一彰院長』に話を聞きました。


まず免疫力とは?

体内に侵入しようとする病原菌やウイルスから身を守るため本来体に備わっている防御反応のことです。

つまり、免疫とはウイルスなどを退治するガードマンのようなもの、だということでした。


では、免疫力が高いとはどういうことなのか?

『ばい菌を退治する白血球の強さのこと』

もし免疫力が高ければインフルエンザウイルスが入ってきた時に、

体の中にウイルスが蔓延する前に白血球が退治してくれるそうです。


逆に、免疫力が衰えてくると、体内でウイルスなどを退治できずにさまざまな
病気にかかりやすくなるということです。


この免疫力、40代以降になると20代の半分に落ちてしまうといいます。(NK細胞の活性度からみた場合)

さらに不規則な生活や将来に対する不安、勉強や仕事に追われるなど、

さまざまなストレスを強いられる生活も免疫力を低下させてしまう要因のひとつだと言われています。

そこで今井先生が紹介する『免疫力を高める6つの方法』が紹介されました。

その免疫力を高める方法とは

1,体温を上げること。

2,つめをもむと免疫力が上がる。

3,音楽を聴くということもひとつの方法。
4,鼻で息をする。

5,血行を良くする。

6,正しい風呂の入り方。

として6つの免疫力を高める方法が紹介。

具体的な方法も紹介されていたので、次回から詳細に書いていきたいと思います。

posted by 愛にゃん at 00:13| 健康の話題