2011年04月11日

ほうれい線の有無で見た目年齢が決まる!


『ほうれい線』は見た目の年齢を決定づける最重要ポイントといわれます。

多くの人はひとの年齢を口元で判断していますが、その口元にあるのがほうれい線。

ほうれい線とは口元にあるハの字シワのことです。

見た目の年齢を判断するのは、ほうれい線だというのは

美容皮膚科医の高瀬聡子先生。

これは、先日放送された「つかえるテレビ-見た目を若くする大作戦」という

フジテレビの番組でのひとこまです。

その中で、各世代100人の女性の顔写真を集め、その平均値を元にして作られた、

日本人女性の世代別の平均的な顔データが紹介されました。

そのデータでは、40代を境目にほうれい線が刻まれていくのがよくわかりました。

ほうれい線が年齢を決定付けてしまう線だと言えるとのこと。

実際、番組での実験で24才の女性の顔写真にCGでほうれい線を付けて

街頭・インターネットでインタビュー調査をしていましたが、

ほうれい線を書き加えた方の写真年齢は平均年齢「38.7歳」

ほうれい線があるだけで14歳以上も老けてみるという結果になっていました。

また逆に56歳の女性のほうれい線をCG処理してほうれい線を消して調査したところ、

ほうれい線がないと実年齢よりも4.2歳も若く見らるという結果に。

明らかにほうれい線がない方が若く見えるのは間違いないようです。


ほうれい線があるとなぜ老けてみるのでしょうね?

それは、顔にシワがあると老けていると潜在意識があるということ。

顔が老化していくと、目や額などさまざまな場所にシワができます。

その中でもっとも目立つシワが顔の中心にあるほうれい線。

目立つだけに、ほうれい線があるとグッと老けて見えることになってしまうようです。

posted by 愛にゃん at 23:06| 美容の話題

2011年04月06日

蜂蜜肌の作り方 保湿で美肌!韓国食材利用法


蜂蜜肌の作り方に保湿は欠かせないということ。

肌に関する研究で、韓国の皮膚管理トップクラスと言われるウルジ大学。

そこで韓国の美肌博士とも呼ばれる、

皮膚管理学科の学科長であるハ・ビョンジョ教授の解説です。


韓国人の美肌の秘密は『保湿で蜂蜜肌をつくる』ということ。


韓国での美肌の基本となっていることは何かといえば、

『美しい肌を作る為には食生活、例えば発酵食品のキムチを食べて

お腹の環境も整えるのも大事なことですが、大切なのは

蜂蜜肌を作る保湿です。』ということです。


何より蜂蜜肌をを作ることが重要ということだったんですね。


蜂蜜肌について、

『蜂蜜肌とは、天然保湿因子(アミノ酸、ヒアルロン酸ほか)・水分・油分が

バランス良くそなわって、しっとりツヤがある蜂蜜のように

透き通って見える透明感のある肌のことです。

蜂蜜肌を作るには、保湿は欠かせない』という解説でした。


分かりやすい解説では、

『大根を煮たとき、煮込んでたっぷりと水分を吸い込んだ大根は透き通って見えます。

また新聞紙を濡らすと下が透けるほど透き通って見えます。

これは水分によって光の反射が減り透き通って見えるから。

肌を保湿することで同じ効果が起こり、透明感のある肌になる』

ということだったんですね。

へー、なるほど、そうだったんだと感心。


『そのため韓国では古くから各家庭で食品を使ったパックや、

洗顔法が伝えられていて、それを日常的に行なっている』

ということで美肌が多いんですね!

韓国の街頭インタビューでもはっきりわかったことは、

韓国の女性は肌ケアレベルがハイレベルだということ。

日常的に肌ケアに対して注意を払っているからだったんですね。


韓国での具体的な美肌作りのポイントは『家庭で出来る食材パック』

蜂蜜肌の作り方として伝統的な保湿法としていろいろ紹介されました。

続きを読む
posted by 愛にゃん at 15:21| 美容の話題

2011年04月04日

カタツムリクリーム 韓国の大学が主成分の効果を実験


カタツムリクリームは韓国で商品化され、

昨年あたりから日本でも話題になり人気のようですね。

先日のフジテレビの「日韓徹底調査-見た目を若くする大作戦」という番組では

実際に韓国に訪れ、韓国女性の美肌の秘密を調査していました。

カタツムリクリームも含めて美肌先進国とも言える韓国女性の

肌の美しさを実現する方法などをたくさん紹介していまいたが、

はじめに惹かれたのがカタツムリクリームの主成分であるカタツムリの成分。

このカタツムリクリームの主成分、カタツムリから成分を抽出するところを見せてくれたのが、

韓国でもトップクラスと言われる皮膚管理学科のあるウルジ大学の皮膚管理に関する授業。


ここでいま注目されつつあるカタツムリクリームの主成分、

カタツムリの成分、コンドロイチンについて行なわれていた授業風景が興味深かったですね。

もともとはカタツムリを殖する人たちの傷の治りが早いことから、

韓国ではその成分が肌に良いとカタツムリは美容業界注目の的だとか。

『コンドロイチンには自分の重さの100倍の水分を吸収する力がある。』らしい。

ということで、授業で食用カタツムリの成分を抽出する方法を教えていました。

食用カタツムリから成分を抽出する方法とは、カタツムリを刺激すること。

カタツムリの腹?を金属の細いへらでコチョコチョ刺激し続けると出てくるんですね。

このカタツムリの成分、食べてもいいし、肌に塗ってもいいということで、

その場で取れたてのカタツムリの成分を女生徒の手の甲に塗ってみると、

その肌が赤ちゃんみたいにツルツルになって、白くて透明になってきたとのこと。

わずかのカタツムリの成分を塗っただけでかなりの効果が期待出来そうな感じでしたね。

ちなみに、使うのは食用カタツムリがいいそうです。

食用カタツムリなら毒素がないので成分を抽出しやすいということなんですね。

このカタツムリの成分を応用して作られるカタツムリクリームも

この日の実験と同様の効果が期待できるのかもしれないですね。

番組を観ていて思ったのは、さすが美肌大国韓国と言われるだけあって

普段からさまざまな美肌ための肌ケアをしているんだなということ。

今回さまざまな美肌対策の方法が紹介されましたので、これから紹介の予定です。

posted by 愛にゃん at 11:10| 美容の話題