2011年01月02日

『西の魔女が死んだ』のワイルドストロベリー・ジャム


映画『西の魔女が死んだ』を観ました…いい映画だったんですね。

以前からレンタル店では見かけて惹かれていましたが

何となく観る機会がなかったのですが、新年になってテレビで放送があり観てみました。

派手さはないけれど、とっても切なく、でも温かい気持ちになる映画。

背景の景色も素晴らしかった、特にワイルドストロベリーを摘むあの風景。

普段見かけることのないとても素敵な風景で惹かれました。

映画の中で特に印象に残ったシーンは、

二人でワイルドストロベリー・ジャムを作るところ。

あれをみて、自分でも作りた〜い!と思った場面。

詳しい作り方はわかりませんが、

新鮮なワイルドストロベリーとたっぷりの砂糖を弱火でゆったりと煮る、

そんな感じなんでしょうか。

しかし、あれは、食べたら美味しいでしょうね。

季節になったら「おいしいワイルドストロベリー・ジャムの作り方」を勉強してみたいかな。


素敵な景色と美味しそうなワイルドストロベリー・ジャム、

しずかに流れるドラマ、おばあちゃんの温かい心、どれも良かった。

もっと早く観れば良かった映画『西の魔女が死んだ』のお話でした。

おばあちゃん役のサチ・パーカーって、あのシャーリー・マクレーンの愛娘だったんですね。

posted by 愛にゃん at 23:58| テレビ・映画