2011年01月08日

男のダイエット法、薄味ダイエットで炭水化物自然減


男のダイエット法を食事制限ではなくて、軽い運動で達成するのが理想です。

しかし、今回週刊誌を読んでいて、

これなら無理なく普段の生活に取り入れることが出来るのでは?

と感じた食事系のダイエット法がありました。

それは『薄味ダイエット』なるもの。

とある企業代表が実践して1年間で体重16kg減のダイエットに成功。

その『薄味ダイエット』の方法とは

「食べるモノの味をできるだけ薄くすること。おかずの味が濃いと、

ごはんでもパンでも炭水化物系をたくさん食べられてしまう。」

とのこと。

確かに、味の濃いおかずだとごはんが何杯でも食べられてしまう、

なんていうことはたぶん誰でも経験があるような気がします。

「味が薄いとおかずそのものを食べる比率が大きくなって、

炭水化物の摂取量が減り、ダイエットの効果が高くなる」

理にかなっているようには思います。

食べはじめた時に味が薄く感じることがあっても、

食べ進める間にほどよい濃さの味に感じてくることがあります。

例えば、京料理の懐石などはまさにそんな感じでしょうか。

懐石などはゆっくりと時間をかけて、薄味の料理を、少量ずつ食べても、

食べ終わる頃には満腹感はあるものですよね。

これってダイエットだけではなくて、成人病対策にいいのかも、なんて思ってしまいました。

ちなみに、この『薄味ダイエット』も一種の『炭水化物ダイエット』とだったんですね。

目的は炭水化物の摂取を抑えることにある、ということだったんです。

でも『炭水化物ダイエット』とはいえ、食事制限までするとなかなか継続が難しい。

『薄味ダイエット』のように慣れれば、自然と炭水化物の摂取量が減るというやり方は

ダイエットと健康維持を兼ねて無理なく、簡単に継続できそうな気がします。

個人的にも、ごはん大好き、パン大好きの日本人としては、

これを野菜に置き換えるのはなかなか大変、つらすぎます。

まずは薄味にして、我慢することなく自然と炭水化物の摂取量が減るようにし、

それにプラスして『腹ぺこウォーキングダイエット』や

『深呼吸ダイエット』『腕組みダイエット』など自分にあうと思える

ダイエット運動を組み合わせることで、案外簡単にやせられるかも?

posted by 愛にゃん at 10:06| ダイエット