2011年01月14日

掛川茶効能と酒粕効能、ためしてガッテン


掛川茶の効能に驚きましたが、観ていてふと酒粕効能について思い出しました。

番組を観ていて、酒粕効能と掛川茶効能がすごく似ている?

と思える実験結果が発表されていたので興味深くみてみました。

これは

掛川茶でがんの死亡率激減!?超健康パワーとして

NHKのためしてガッテンが掛川茶効能を紹介していた時のこと。


がんの死亡率の低さが女性1位、男性2位と圧倒的にがん死亡率が低いのが掛川市だったんですね。

そしてその健康の秘密が掛川茶にあるということで、その健康の秘密を調べるべく、

国の研究機関や大学、掛川市が大規模かつ厳密な実験を始めています。


この掛川茶と人間の体の関係についての実験で掛川茶の色々な効能がわかってきていますが、

個人的に特に興味を持ったのは、掛川茶の効能による悪玉LDLコレステロール値の低下ということでした。

実験には30歳以上のコレステロール値や血圧・血糖値に多少の問題があるメタボ予備軍の一般の方達が協力。

期間は3ヶ月間、掛川茶の濃厚エキス入りカプセルを飲んだ結果、

悪玉LDLコレステロール値が平均で9.02減少という結果。

その上、ウエストも平均で1.86cm低下という画期的な数値。

平均の数値だけにかなりすごさが伝わってきました。


この実験では掛川茶の濃厚エキスが入ったカプセルと

でんぷんが入ったにせものカプセルが用意され、

実験参加者、投与する医師共に中身がわからないままに

その変化だけを調べるというかなり厳密な実験方法がとられていました。

実験結果に信頼性を持たせるために細心の注意が払われているんですね。


番組を観ていて思い出したのが、酒粕効能の悪玉LDLコレステロール値減少値。

酒粕効能で悪玉LDLコレステロール値が下がることが、

以前のためしてガッテンの実験結果でもわかっています。

参考記事
酒粕効能でLDLコレステロールを下げる-ためしてガッテン
酒粕効能でダイエット&便秘改善ためしてガッテン


酒粕効能の実験では12人中11人が下がっているという結果。

その時の実験では酒粕効能により、142.5→124と−18.5減の方、−7.3減、−10.8減の方と大幅に減ったいう結果で、

悪玉LDLコレステロール値が平均して−8.2減少していました。


どちらも悪玉LDLコレステロール値を下げる効能があることが実験でわかっています。

手軽さでは断然掛川茶ということになりますが、実験期間に違いがあります。

酒粕の場合は3週間、掛川茶の場合は3ヶ月での結果、また実験の厳密さでは

掛川茶の方になりますが、どちらが自分にあうか、もしくは併用もあり?

併用するとどの程度まで下がるのか、併用により効果があるのかも興味のあるところですね。

どちらにしても飲み続けることは必要なようですが、これは薬も同じこと。

薬を飲み続けるか、酒粕ドリンクを飲み続けるか、掛川茶を毎日飲むか、

これは自分で選べるけれど、個人的には酒粕とお茶の併用に期待かな。

posted by 愛にゃん at 00:38| 話題の健康食品