2011年02月11日

免疫力を上げる緑茶の効能!はなまるマーケット


免疫力を上げる効能、身近な緑茶にあるといお話が

先日のはなまるマーケットで紹介されていました。

ためしてガッテンでも掛川茶の深蒸し茶にさまざまな効能が紹介されていましたが、

今回は免疫力と緑茶の効能という観点からのお話でした。

しかし、普段から何気なく飲んでいる緑茶の効能には感心するほどに素晴らしい。

日本古来からの飲み物として日本では愛飲されていましたが、

静岡県の小学校では生徒が水筒に緑茶を入れて持参しているそうです。

この小学校の所在地である静岡県菊川市では市内の全小学校で緑茶を勧めています。

緑茶を飲んで免疫力アップの可能性があるということが大きな理由のようです。

ちなみに、紹介された小学校ではインフルエンザによる学級閉鎖は皆無とのことでした。

この小学校の生徒は普段から緑茶を飲むと共にうがいにも緑茶を利用しているそうです。

それはうがいすることによって緑茶に含まれるカテキンが

インフルエンザウイルスを吸着してのどの粘膜を守ることができるからです。

また飲むことでインフルエンザウイルスの増殖を防ぎ、

テアニンの働きによって体内のリンパ球が活性化して

免疫力がアップする可能性があるとのことです。


緑茶の研究が進む最近のデータ、

「カテキン・テアニンの摂取によるインフルエンザ予防効果の検討・発症率の比較」で

インフルエンザ発症率を比べたところ、

カテキン・テアニンを摂取した人のインフルエンザ発症率は

摂取しない人の3分の1以下と大きく差が出ています。

カテキン・テアニンを摂取した人で発症した人は

97人中4人、摂取せずに発症した人は99人中13人という実験データも紹介され、

カテキン・テアニンの有効性がわかりやすく説明されていました。


後期高齢者医療費のひとりあたりの金額が全国平均よりも10万円以上安い

というデータも公表され、免疫力を上げる緑茶の効能が見直され、

研究が進んでいるようですね。

元気な高齢者の方にインタビューしていましたが、普段から緑茶を愛飲し、

中には1日20杯とか飲んでいる方もいて普段から簡単に免疫力を上げていたんですね。


posted by 愛にゃん at 23:56| 話題の健康食品