2011年03月25日

免疫力を高める乾布摩擦のやり方 エチカの鏡


血行を良くすることが免疫力を高める。

血行を良くする。

血行が良くなると血液中の白血球が体の隅々まで行き渡ります。

それによって隅々まで行って、そこで色々なばい菌やウイルスがいたら退治してくれます。

結果的に免疫力が高まるという風に言えます、とのこと。


では血行良くする為にはどのようにすれば良いのか?

『乾布摩擦』が血行を良くするには有効だということです。


具体的にな『血行を良くする乾布摩擦のやり方』

@こする回数

勘違いしていましたが、強くこすっても効果はないそうです。

3回から5回こする程度、少し赤みを帯びる位で十分効果があるという。

強くこすると皮膚がむけたり炎症の原因になる可能性があるため注意が必要です。


Aこする場所

血行が悪くなりやすい場所が主に6カ所あります。

1,両足
2,腹
3,両手
4,背中
5,首筋
6,胸

という順番にこすることにより体全体の血行を効果的に良くすることが出来るといいます。


Bこすり方

1,両足のこすり方は、血流が戻るように末端から心臓へ向かってこする。

2,腹のこすり方は、へそを中心に円を描くようにこする。

3,両手のこすり方は、足と同様に末端から心臓へ向かってこする。

4,背中のこすり方は、左右の肩甲骨の間をゆっくりこする。

5,首筋のこすり方は、首を曲げたときに首の付け根に大きく盛り上がる骨のすぐ下をこする。

6,胸のこすり方は、鎖骨と胸骨の間をこする。

さらに乾布摩擦しながら下半身を動かすことにより、

リンパ節の動きが活発になり、より血行が良くなる効果があるという。

以上が乾布摩擦のこすり方になります。


また服を着るときになるべく締め付けない服を着ることも、

血行を良くするための方法として有効とのこと。

ちなみに、寝るときにパンツを履かないことも効果的だとか。

posted by 愛にゃん at 12:31| 健康の話題