2011年03月26日

免疫力を高めるお風呂の入り方 エチカの鏡


今までに5つの簡単に免疫力を高める方法がありましたが、

今回はさらに簡単にできる免疫力を高める方法の紹介です。

今までもかなり簡単な免疫力を高める方法でしたが、

それ以上に簡単とはちょっとすごいですよね。


そのさらに簡単にできる、免疫力を高める方法とは


6,お風呂の入り方で免疫力を高める

今までの@からDまでの免疫力の高め方をひとつの方法でまかなえる方法があるとのこと。

それは、『風呂の入り方』を工夫するだけ、

それだけで免疫力をさらに高めることができるといいます。


お風呂に正しい入り方をすることによって、副交感神経優位となり、

より免疫力が高まることになるといいます。


免疫力が高まると言われる、正しいお風呂の入り方は、

@風呂に入る前にコップ1杯の水を飲むこと。

汗を良くかくので、脱水症状にならないために、水を飲んで入浴すること。

まずは身体を温める前の準備として水分補給をしておくことが大切だといいます。


A湯の温度は40℃前後にすること。

湯が熱すぎると、その熱いという刺激がストレスとなって交感神経を刺激してしまい、

免疫力が低下してしまうおそれがあるということです。

今井先生いわく、41℃未満の湯の温度が理想的だということです。


B風呂に急に入るのではなく、かけ湯をする。

いきなり体温より高い温度や、身体が慣れていない状態で湯に入ると、

それが交感神経を刺激して緊張させてしまい、

免疫力を低下させてしまうおそれがあるということです。

心臓から遠い位置、まず足の方から湯の温度に徐々に慣れさせる必要があります。

慣れたところでお風呂に入るのがいいということです。

理想的な順番として

足 ⇒ 手 ⇒ 全身と湯をかけてから湯船に入るの理想的だといいます。


C5分間全身浴、その後15分間半身浴をする。

全身浴はかなり水圧がかかるので心臓に負担がかかるため5分程度にとどめておくのが良いそう。

その後の半身浴は足だけでも効果は期待できるとのことです。

血液が温まれば全身をめぐっているので十分に温まっていきます。

ただし、のぼせを防ぐという意味でもぬれたタオルを頭にあてて半身浴をしても良いそうです。

さらに湯船で温まる際、入浴剤を炭酸ガス系の物にすると乾布摩擦と同様に

全身を刺激することで血流が良くなり、副交感神経優位の状態になる。

また炭酸ガスが出なくなっても湯に二酸化炭素が溶け込んでいるため効果があるという。

その他にも、銭湯にある富士山などの広々とした自然の画は、視覚効果としてリラックスを得ることができるといいます。


D風呂から上がるときは手足に冷水をかける。

皮膚の血管を一時的にギュッと引き締めることにより

体が保温された状態に保てるので暖かさが長引きます。

それにより風呂から上がっても副交感神経優位の状態をより長く保つことができる言います。


何回かに分けてエチカの鏡で紹介された、簡単にできる免疫力の高め方を紹介してきました。

どれも簡単ですが、お風呂の入り方に慣れれば一番簡単で長く継続できそうな

免疫力の高め方のような気がしてきました。

posted by 愛にゃん at 10:47| 健康の話題