2011年03月30日

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)活性化で免疫力を高める


最近ナチュラルキラー細胞、通称 NK細胞と言われる細胞が免疫力の視点で注目されていますね。


免疫力の要、ガンと戦う細胞ナチュラルキラー細胞(NK細胞)が

あることがわかってきたそうです。

エチカの鏡では、ガン細胞を攻撃することができる細胞、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)について

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)研究者の順天堂大学医学部免疫学、奥村教授のへインタビュー。


ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は体の中のガンを発見し、確実にガン細胞を殺すことができるもの。

驚くことに健康な人の体の中でも毎日5〜6000個のガン細胞が生まれているといいます。

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は体の中の最強ガードマンとしてこのガン細胞と戦ってくれるそうです。


ある病院でナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性度とガンの発症率を調べたところ、

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性度が高い人は低い人に比べて

ガンの発生率がおよそ半分という結果が出ているそうです。

そんなに違うのかと驚くばかりの発症率の違いですよね。


ナチュラルキラー細胞(NK細胞)というのは年齢の影響を受けるため、年齢とともに弱くる傾向になるようです。

加齢と共にナチュラルキラー細胞(NK細胞)を常に活性化させているように気を付けることが大事だということですね。


でもどうやって、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化することが出来るのか?


まったく見当がつかなかったのですが…簡単なことでした。


例えば、簡単な方法は、ゲラゲラ笑うことだそうです。

笑うことでガンと戦うナチュラルキラー細胞(NK細胞)が活性化することがわかっているとのこと。


1991年岡山の内科医数人により行われたある実験が紹介されました。

3時間の漫才や喜劇を観賞、鑑賞前後のNK細胞の活性度を測定した結果、

およそ8割の人のNK活性が上がるという結果になったといいます。


実際に笑いを取り入れた病院もあり紹介されていましたが、病院内で本格的な落語会などを開催していました。

笑うことで副交感神経優位の状態となることで、ガンに対する戦闘能力も高くなるということです。

笑いが免疫力を高めているということが実証され、すでに応用されていたんですね。

毎日楽しく笑いながら暮らしていれば、自然と病気にもならないということですね。

posted by 愛にゃん at 14:26| 健康の話題