2011年04月13日

ほうれい線が薄くなる&消す顔層筋メソッド


ほうれい線が薄くなる方法、それもたった5日で!

ほうれい線に悩む女性にとってうれしい再現性のある方法です。

ほうれい線を薄くする、人によっては消すことも可能かもしれない

そんな方法がフジテレビの「つかえるテレビ-見た目を若くする大作戦」で紹介されました。


見た目年齢の重要スポットと言われるほうれい線。

ほうれい線を薄くできれば、消すことができれば若く見られる!ということで

「たった5日でほうれい線が薄くなる方法。」として放送。


この若返り効果抜群の驚きの方法を指導しているのが

表情筋のエキスパート 柔道整復師の中辻正さん。

そしてそのほうれい線を薄くする方法が「顔層筋メソッド」と言われるもの。


中辻さんいわく、必ず効果がある!とのお話でした。

衰えた表情筋は、何歳になっても若返らせることができる。

細く縮んでコリ固まった表情筋を刺激してほぐすことで、

若いときの太くて弾力性のある健康な状態に戻すことができる。

するとたるんでいた皮膚が表情筋によって持ち上げられ、

ほうれい線が薄くなる → 見た目が若くなる!

というわかりやすい理論でなるほどと感心。


では、具体的な方法とはどんなものか?

それが、3つの表情筋を刺激する顔層筋メソッドというもので、

たった3つの表情筋を刺激するだけというもの。

しかも1回に2分程度、これを1日2回やるだけという簡単なもの。


@『口輪筋』を刺激(口の周りの筋肉)

口の周りに指の腹を押し当てて左右に10回まわす。

この時に大事なのは、

皮膚をこするのではなく、中の表情筋を感じながらほぐす。


A『こう筋』を刺激。

物をかむ時に使うこう筋と呼ばれる筋肉。

頬骨からあごにかけて縦にはしっている筋肉。

これを左右3カ所にわけて顔の前後方向に10回ずつモミほぐす。

B『大小頬骨筋』を刺激

頬の肉を引き上げる大小頬骨筋をほぐす。

ほうれい線に沿って上下に2カ所を斜めに10回ずつ

これだけですべてです。


この顔層筋メソッドのポイントは、

顔コリがヒドく、硬く痛気持ちいいところがあれば、

それはすでに凝り固まっている証拠。

顔コリがヒドい場所は20回増やして、表情筋の左右のバランスをとること。


この方法を、朝の洗顔の時、夜はお風呂に入ったついでに

1日2回行なう。

5日で表情筋はよみがえり、ほうれい線は薄くなる。

という簡単で画期的ともいえる方法でした。


やってみる上での注意点として言われたのは、やり過ぎはよくないということ。

表情筋を痛めることにもなるので、1日2回にとどめておく必要があるようです。

爪の長い女性などは手でこぶしをつくった状態で第2関節を使っても大丈夫とのことでした。

posted by 愛にゃん at 10:08| 美容の話題