2012年08月18日

南雲吉則医師のアンチエイジング術をAERA(アエラ)が試してみた!

あのごぼう茶で有名な超若返り医師の南雲吉則先生が提唱している
空腹による『アンチエイジング術』について雑誌のAERA(アエラ)が
興味深い実験結果を特集していましたね。

AERA(アエラ)12.8.13、No.34号の「男たちはどこまで若返る?」の特集の一部で見開き2ページもありました。

南雲吉則先生といえばごぼう茶で若返るアンチエイジング術を公開して驚異的な人気になりましたが、南雲先生の風貌を見ると確かに驚くような効果があるようですね。

いま57歳ですが、写真を見るとあり得ない若さだとみんな驚くのも当然かもしれません。外見だけではなく、脳年齢38歳、骨年齢28歳、血管年齢26歳という数値はほんと驚きです。

南雲先生も若い頃はメタボ体系で老けていたようで、その改善や健康のために
考えたのがごぼう茶をはじめ、今の南雲式のアンチエイジング術。

その方法を雑誌のAERA(アエラ)が特集「男たちはどこまで若返る?」
という特集で実際に試していましたがなかなか興味深い結果です。

実際に体験するのはお笑い芸人のジジ・ぶぅさんという方。

試したのは南雲式アンチエイジング術、17日間「1日1食」を中心とした生活にチャレンジ。

内容的には「1日1食」「腹6分目」「肉はダメ」「スポーツ・たばこもダメ」「カフェインも甘いものも基本的に禁止」とかなり過酷?もの。

注目は1日1食で空腹状態を作ること。この空腹状態により「サーチュイン遺伝子」が発現するというもの。

ここ数年NHK他でもよく特集が放送される注目の若返り遺伝子が「サーチュイン遺伝子」

南雲式アンチエイジング術はこの「サーチュイン遺伝子」が発現の原理にあっているようですね。

ちょっと驚いたのが、スポーツを禁止するということ。

あれ?と思いましたが、その理由は「心拍数が速いほど短命になるから」というもの。そうなんだ〜という感じです。

そんなこんな制約をクリアしつつ17日間の成果は

体重が71kg→65kgと6kg減、ウエスト83cmから3cm減とダイエットとしては短期的には成功?

本来の目的の見た目はというと、写真で見た限りではあんまり?という感じで、記事中でも「いま一つ」感とのこと。

しかし、この実験、最初からちょっと無理があるような気も…

というのも、体験したジジ・ぶぅさん、実年齢が55歳ということですが、写真では誰がどう見ても70歳代。

この芸人さんをわずか20日足らずで若返らすなんて、最初から厳しいんじゃない?と思ってしまいました。

この期間で本当に目に見えるほどの若返り効果があったとしたら、それはもう世界中が注目するようなことのような気がします。

最初から結論ありき?という感じも…

今回の南雲吉則医師のアンチエイジング術を読んでいて思ったのは、確かにこれをすぐに実行するのって難しいなーということ。

まずはごぼう茶あたりからはじめて徐々にというのがいいのかもしれないですね。

今回の特集では南雲式以外にも「カロリーリストリクション(制限)」とか「糖質制限ダイエット」なども簡単に紹介されていました。

どれも成功すれば同様の結果にたどり着くことが出来そうなので、自分に一番合った、長続きする方法をいろいろと試してみるのが一番いいのかも。
posted by 愛にゃん at 10:52| 健康の話題