2011年03月23日

モーツァルトを聴くと免疫力が高まる理由 エチカの鏡


簡単に免疫力を高める、3つ目の方法として紹介されたのが、

音楽を聴く方法、それもより具体的に

『モーツァルトを聴くと免疫力が上がる』をエチカの鏡で実験。

免疫力とモーツァルトの音楽との関係を専門医が解説してくれました。


3,音楽を聴くということもひとつの方法。

エチカの鏡で話を聞いたのは、音楽と免疫力の関係について研究している、埼玉医科大学の和合治久教授。


免疫力を下げる大きな原因のひとつとして『ストレス』があります。

ストレスを無くすようにするにはリラックスすることが大切です。

そこで、リラックスするためには特別な音楽があり、実際に治療にも使われている方法です。


音楽を聴くと免疫力が上がると言われるが、具体的には何を聴けばいいか?

ズバリ!『モーツァルトを聴くと免疫力が上がる』という回答でした。


『モーツァルトの音楽を分析すると、モーツァルトの音楽には

非常に周波数の高い音がいっぱい含まれている』とのことです。

『その非常に高い周波数の音を聴くだけで副交感神経に作用する』らしい。

モーツァルトの曲に多く含まれる4000Hz付近の高周波音は

副交感神経の出口である延髄から視床下部にかけてをよく刺激し、

リラックスができるといいます。


具体的に、最も効果的な聴き方とは、

『ヘッドフォンを使い1日3回30分ずつ集中して聴く』ということがいいそうです。


しかし、実際にはなそれだけの時間をとることも難しいため、

就寝前にヘッドフォンも付けない状態で、聴いてそのまま寝てしまっても効果があるそうです。

BGMのような感じで流して楽しみながら聴いていればいいのでしょうね。


エチカの鏡では実際に確かめるために実験を行いました。

一般の人(と思われる人3名)に聴いてもらって計測。

職業・年齢は、学生23歳、主婦32歳、自営業50歳の人達。


指先の血流の状態から交換神経と副交感神経のバランスを計測する機器を装着し、

モーツァルトを聴くと副交感神経優位になるのかを実際に検証。

まずはモーツァルトを聴く前に自律神経のバランスを計測したところ、

3人全員が大きな開きで交感神経優位という結果。

そしてモーツァルトの曲『バイオリンソナタ K.454 第3楽章/モーツァルト』他を

30分間聴いてもらい、終了後改めて自律神経のバランスを測定すると…

3人とも副交感神経の割合が増えており、リラックスできる状態になっていました。


ちなみにモーツァルト以外のクラシックを聴いた場合は、モーツァルトの時と違い

3人とも交感神経の割合が増えて交感神経が刺激されていることも実験でわかりました。

クラシックならどれでもいいかと思っていましたが、それはまったく違っていたのでちょっと驚きです。

ということで実験の結果は

モーツァルトの曲を聴くと副交感神経が優位になるということが実証されました。


また、特に効果があるモーツァルトの曲もあるとのこと。

第1位『バイオリン協奏曲 K.218 第3楽章』
第2位『ディベルティメント k.136 第2楽章』
第3位『弦楽四重奏曲 K.458 第2楽章』

和合先生いわく、『副交感神経に非常にスイッチが入るパターンを音響学的に調べた結果』

上記のような結果になったとのことでした。

寝る前に、寝室でBGM代わりにモーツァルトの曲を聴きながら寝る、

これ以上簡単な免疫力を高める方法ってあるのでしょうか?

posted by 愛にゃん at 10:04| 健康の話題

2011年03月22日

『つめをもむ』免疫力を高める方法 エチカの鏡


フジテレビのエチカの鏡で簡単に免疫力を高める方法として

紹介された2つ目は『つめをもむ』ことで免疫力を高める方法でした。

『つめをもむ』方法は以前からマスコミなどで取り上げられ有名ですね。

やるべきことはいたって簡単、誰にでもできる方法ですが効果は高いとのこと。


2,つめをもむ→免疫力が高まる。

人間の体は日中の活発な動作の源である交換神経優位な状態と

眠ったり体を休める源である副交感神経優位の状態という二つの

自立した神経がバランスよく働くことによって支えられ免疫力が正常に保たれている。

不規則な生活やプレッシャーなどストレスが多い現代社会では、

交感神経優位の状態になりやすく、もとの状態に戻すためにも

副交感神経優位にすることが大事なのだといいます。

ではどのようにして副交感神経優位にするのか、?


つめをもむことが交感神経と副交感神経に大きく関係しているそうです。

その関係を利用して、つめをもむことで副交感神経優位にします。

つめの付け根脇には自立神経が集まっているところがあります。

つめもみはその自律神経を刺激して免疫力を上げていくという方法です。


親指、人差し指、中指、小指は副交感神経を刺激し、薬指は交換神経を刺激するということです。

ストレスフルで交感神経優位の状態の時に、この4本の指をもめば

副交感神経を優位にすることができ、免疫力を高めることができるといいます。


エチカの鏡の番組中、実際にディレクターが実験してみたところ、

まずは交感神経がかなり優位になっている状態が計測されていました。

そこで、今井先生に1分間つめをもんでもらい、再び自律神経のバランスを測定したところ、

たった1分のつめもみで交感神経優位が減り、逆に副交感神経の割合が増加していました。


そこで正しいつめもみのやり方を今井先生が紹介していました。


@人差し指と親指でもう一方のつめの生え際を少し痛い程度に押す。

A1本の指につき、10秒から20秒程度もむ。

Bこれを親指、人差し指、中指、小指ともんでいく。

C同様に反対の手のつめも薬指以外の4本をもんでいく。

これで簡単に免疫力がアップできるそうです。

確かに、このつめもみは以前から免疫力アップに有効とだと言われていますよね。

posted by 愛にゃん at 10:00| 健康の話題

2011年03月21日

免疫力を高める方法 体温を上げる エチカの鏡


免疫力を高める必要がなぜあるのか?

いま免疫力を高める方法に関する本やテレビ番組が人気となっています。

免疫力は年をとるとともに衰えていくと言われています。

その上私たち人間は生きている限り、毎日5〜6000個のガン細胞を作っているそうです。

免疫力が低い人は、発ガン率が高くなってしまうと言われています。

そこで免疫力を高める方法がエチカの鏡で特集されました。

日常簡単にできる免疫力を高める方法について紹介された内容を復習してみました。

簡単にできる、免疫力を高める6つの方法が紹介されましたが、

今回はその1番目、体温を上げる方法ついてです。


1,体温を上げる方法。

まずは体温をあげて免疫力を高める方法となります。

体温を上げると白血球が活性化するという理由から、まず体温を上げることが大切。

体温が1℃上がると、白血球の強さは3倍くらいに高まると言われています。

そこで免疫力を高める鍵として注目を集めているのが『体温』です。

風邪のとき熱が出るのは、白血球の働きが活発になり、病原菌を倒そうと

脳が熱を出すように指令するためにおこる現象です。


理想の体温は36℃〜37℃と言われています。

最近は平熱が36℃より低いという低体温の人が増えているそうです。

実は私も35℃+α程度とかなり低めで、体温を上げる必要性を感じていたところでした。


では、具体的にどのようにすれば有効に体温を上げることができるのか?


平熱を上げていくには基礎代謝を高めていく必要があります。

そのためには筋肉量が増えていくことが大事だそうです。

ゆったりゆっくりとした運動で筋肉量を増やし、平熱を上げていくことが大事らいいですね。


エチカの鏡でまず紹介されたのが、『ゆる体操』でした。

ゆっくりとした誰にでもできる体操なので試してみる価値はありそうです。

『ゆっくりした運動、優しい動き、頑張らせないのが、

深いところの筋肉を動かして、そして温かくなる』

と『ゆる体操』の指導者の方のお話でした。

人間の体は筋肉に弾力性がある状態が理想的で、これをゆるんだ状態といいます。

ゆるんだ状態では、血液の循環がよくなり、温かい血が全身を巡って体温が上がりると言います。


ゆる体操の方法は動画を見てもらうのがいいかも(言葉で説明できないので)

その他、実際に免疫力を高める体操として『ヨガ』や『太極拳』なども、

ゆっくりした動きの運動が免疫力を高める効果があるとのことでした。

posted by 愛にゃん at 13:03| 健康の話題

免疫力を高める6つの方法 エチカの鏡が紹介


フジテレビの『エチカの鏡』で以前『免疫力を高める』特集が放送されていました。

改めて観たところ非常に有効なことが紹介されていました。

個人的にはこの免疫力が健康の源ではないかと思っています。

すぐに病気にかかる人、少々無理をしてもまったく病気にならない人、

同じようにしていてもまったく逆の結果が出てしまうことが不思議でした。

今回『エチカの鏡』の『免疫力を高める』特集を観てなるほどと納得するとともに、

免疫力をアップする有効な方法が紹介されていたので、ここで紹介したいと思います。


まずは免疫力について。

免疫力が衰えるとさまざまな病気になりやすくなります。

では具体的に『免疫力を高めるにはどうすればいいのか?』


番組では日本でも数少ない免疫外来がある九州・福岡の『みらいクリニック 今井一彰院長』に話を聞きました。


まず免疫力とは?

体内に侵入しようとする病原菌やウイルスから身を守るため本来体に備わっている防御反応のことです。

つまり、免疫とはウイルスなどを退治するガードマンのようなもの、だということでした。


では、免疫力が高いとはどういうことなのか?

『ばい菌を退治する白血球の強さのこと』

もし免疫力が高ければインフルエンザウイルスが入ってきた時に、

体の中にウイルスが蔓延する前に白血球が退治してくれるそうです。


逆に、免疫力が衰えてくると、体内でウイルスなどを退治できずにさまざまな
病気にかかりやすくなるということです。


この免疫力、40代以降になると20代の半分に落ちてしまうといいます。(NK細胞の活性度からみた場合)

さらに不規則な生活や将来に対する不安、勉強や仕事に追われるなど、

さまざまなストレスを強いられる生活も免疫力を低下させてしまう要因のひとつだと言われています。

そこで今井先生が紹介する『免疫力を高める6つの方法』が紹介されました。

その免疫力を高める方法とは

1,体温を上げること。

2,つめをもむと免疫力が上がる。

3,音楽を聴くということもひとつの方法。
4,鼻で息をする。

5,血行を良くする。

6,正しい風呂の入り方。

として6つの免疫力を高める方法が紹介。

具体的な方法も紹介されていたので、次回から詳細に書いていきたいと思います。

posted by 愛にゃん at 00:13| 健康の話題

2011年03月07日

免疫力を高める 50代からの免疫力対策


『免疫力は20代をピークに低下する一方』という記事を読み、

早めに免疫力を高める対策をしておく必要性を感じました。


免疫力というのはナチュラルキラー細胞(nk細胞)を筆頭として、

さまざまな免疫細胞が体を守ってくれている自分の体の防御システムのこと。

免疫細胞がさまざまなウイルスや病原体から我々の体を守ってくれています。

その免疫細胞の働きが加齢と共に衰えてくると、困ったことになりるため、免疫力を高める必要があります。

いままで免疫細胞が頑張って抑えてくれていた病気の発症リスクが高まってしまうからです。


しかし、普段から免疫力を高める工夫をしていればそのリスクを減らすことは出来そうです。

免疫力の低下で引き起こされるものの代表格は風邪、インフルエンザなど。

また疲れやすい、風邪引きやすく治りにくい、肌が荒れやすい、便秘がち、動脈硬化や脳梗塞まで

免疫力の低下に起因している可能性もあるそうです。


20代がピークの免疫力ですが、特に50代からは気を付ける必要があります。

50代をさかいに感染症など免疫力低下が原因と思われる疾患の率が

免疫機能を上回り、疾患の確率が高まる年代が50代です。

そのことを考えると、50代になったらまずは免疫力を高めることに努力をする必要がありそうですね。


「体温が1度上がるだけで免疫力は3倍UPする。」と言われています。

免疫力を高める食材として有名なものはショウガ、体を温めて免疫力を高めることができると言われています。

またレンコンもポリフェノールが豊富に含まれ、免疫細胞の機能が高まることで

免疫力を高めることが出来ると言われています。

その他、適度な運動、睡眠、栄養バランスなどにも注意する必要があるということです。

普段から免疫力を高めることに気を配ることで病気に負けない健康的な生活をおくれるようにしたいものですね。

posted by 愛にゃん at 22:51| 健康の話題

2011年02月08日

動脈硬化の原因は悪玉コレステロール?その症状は?


動脈硬化の一因となる悪玉コレステロールの特集をNHKのためしてガッテンで観るうちに

動脈硬化のことをわかったような気になっていました、が

実際に動脈硬化ってどんな症状になるのかわからなかったのでまずは調べてみることに。


動脈硬化というのは、読んで字のごとく動脈が硬くなってしまう症状を指しています。

原因としては、ためしてガッテンでもたびたび特集されている悪玉コレステロールが主な原因だということ。

血液中に悪玉コレステロールが多いと、徐々に血管の内側に溜まり、

その悪玉コレステロールにより動脈の血管が徐々に分厚くなってしまって硬くなってしまいます。

結果的に本来は全身に血液を輸送するための血液輸送管である血管の内側が悪玉コレステロールのために細ってしまい、

また溜まることによって硬くなってしまい、血液の流れが悪くなってしまいます。

血液のスムーズな流れが阻害されることきっかけで様々な症状を引き起こす原因ともなってしまいます。

ただ、血流が止まってしまうわけではないため、症状に気づきにくく、また自覚症状もほとんどないそうです。


動脈硬化が原因となる病気やまたその合併症などは、命に関わる場合も少なくないため

出来るだけ早期発見・早期治療が必要になります。

特に気をつけたいのが肥満傾向の中高年ということもあり、他の病気の心配などの可能性も高いため、

十分な健康診断を受けておく必要がありそうです。

目に見えないことや、症状のわかりにくい動脈硬化ということでもあるので、

気になる場合は、素人判断はさけて専門の病院などで早めに検査を受けておくのも大切なことですね。

posted by 愛にゃん at 23:53| 健康の話題

2011年02月03日

コレステロール値 高めか下げるか ためしてガッテン


「コレステロールは高めが長生きでいい」という説を先日のNHKためしてガッテンで知りました。

ちょっと意外な内容だったのでしっかりと観て、なるほどと納得していましたが、

実はまだいろいろな学説があったんですね。


コレステロール値が高いと動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の危険性が高まるとして、

「コレステロール値は下げるべき」といういままでの診療の方針に対して、

「コレステロールは高めの方が長生きで良い」とする新たな診療方針が公表されています。


「コレステロール値は下げるべき」というのは日本動脈硬化学会。

悪玉LDLコレステロール値が140以上もしくは善玉HDLコレステロール値40未満が脂質異常症という診断基準。

特に悪玉LDLコレステロール値が高いと心疾患等の危険性が高くなるとして、

食事療法や投薬、運動などで悪玉LDLコレステロール値を下げる指導を受けます。

この悪玉LDLコレステロール値を下げるというのが今までの一般的な医療指導かもしれませんね。

ちなみに日本動脈硬化学会のLDL診断基準はメタボリックシンドローム検診の判定に用いられているそうです。

また海外でもコレステロール値と心臓病の関係を調べて、コレステロール値を下げた方が

心臓病になるリスクや死亡率も減ったとの論文も発表されているようです。


先日健康診断を受診しましたが、受診した病院ではLDLの正常範囲を

60〜119、HDLの正常範囲を40〜119と明記されていました。

この基準ではLDLコレステロール値の上限は119なのでより厳しい判断基準ですが、危うくセーフ。


一方の「コレステロールは高めの方が長生きで良い」という診断方針を発表したのは

日本脂質栄養学会で、2010年9月に公表されています。

こちらの方は、約8年間の期間をかけ、26,000人のデータを調べた結果とのこと。

この内容は、男性は悪玉LDLコレステロール100〜160で死亡率が低く、100未満で死亡率が上がるそう。

女性の方は120未満で死亡率が高まっているようです。

このような調査データから、コレステロール値が高い方が死亡者が少ないと結論づけているようです。


同様に自治医大のあるグループでも「総コレステロール値が低いと死亡危険率が高まる」との研究成果を発表しています。

こちらは約12年間に1万数千人を追跡調査の結果、男女ともに総コレステロールの数値が低い方が

死亡の危険度が高かったという内容です。


学会でこれだけ意見が真っ二つに分かれてしまうと診断を受ける方としてはやっぱり心配ですよね。

専門の医師でもこれだけ意見が分かれるコレステロール値の判断って、

実はまだ確率されていないのかと心配になったりもしますよね。


ただ、「一律の基準値はなじまない」とする専門医師の見解もあるようです。

それによると、高血圧や高血糖、心臓病などの経験者は、心臓病の危険性も高いことから

コレステロール値は下げた方がよく、また心臓病になる危険性が低ければ

治療の必要性が低いこともあるとのこと。


確かに、診てもらう患者側からすると一律基準ではなく、ケースバイケースで判断して欲しいもの。

どの学会に所属する専門医でもおそらく実際の診断においてはケースバイケースなのでは?と思いますが、

脂質異常症でも数病院を受診してみる必要があるのかもしれないですね。

posted by 愛にゃん at 15:41| 健康の話題

2011年01月29日

善玉コレステロールの増やし方NHKためしてガッテン


善玉コレステロールの増やし方をためしてガッテンでも放送していました。

その善玉コレステロールの増やし方って、驚くほどに簡単な方法でした。

ためしてガッテンで紹介しているいろいろな健康の知識や実践法は、

簡単な方法なので誰でも実践できるような内容なのがありがたいですね。


先日の善玉コレステロールの増やし方は実に簡単、歩くだけ。

そう、ただ歩くだけ、善玉コレステロールが増やす方法って本当に簡単。

番組では歩く目安というのは特にありませんでしたが、

一日に歩く歩数に比例して善玉コレステロールは増えていくという感じ。

歩けば歩くほどいい、という関係がデータで証明されていましたね。


もちろん可能であればマラソンなど走っても善玉コレステロールは増やせます。

今回出演していたのは京都の仏教大学の女子大生。

彼女達は駅伝やマラソンの選手で毎日楽しく走っているようですが、

その彼女達の善玉コレステロールがすごくって、

女子大学生の善玉コレステロール値の平均がおよそ65に対して、

そこに登場する女子大学生達の善玉コレステロール値はなんと

93.6とか99.7とか、99.9,100.7という驚異的な数値。

これも毎日走っている結果だということです。


たとえ走れなくても、歩いても同様の効果が期待でき、

善玉コレステロールが増えるのはデータで証明されていました。

ちなみに、運動には悪玉LDLコレステロールを直接下げる効果はないとのこと、ちょっと意外だったかも。


善玉コレステロールの数値が増えていくと、

運動すると総コレステロールが増えることもある。

但し、運動で善玉コレステロールだけが増えた場合、

総コレステロールが増えてもOKということでした。


善玉コレステロールには血管内のプラークを小さくして、動脈硬化をなくす働きがあるそうです。

最新の医学では動脈硬化の進行を抑え、プラークは小さくできることがわかってきました。

今まで不可能と思われていた、「血管は若返る」ということが可能になってきたということですね。

最新医療で動脈硬化を治すことが可能になってきたようですが、

治療に至る前に日々歩いて善玉コレステロールを増やしながら、

酒かす食べて悪玉コレステロールを減らせばなお良し、かな?

posted by 愛にゃん at 17:10| 健康の話題