2011年04月12日

ほうれい線の原因とできる理由


ほうれい線の原因は何だろう?

なぜ歳をとるとほうれい線ができるの?

ほうれい線について分かってくると

その原因についても疑問が湧いてきました。

フジテレビの「つかえるテレビ-見た目を若くする大作戦」によると

ほうれい線のできる原因は、ズバリ『顔コリ』だとか。

『顔コリ』?と聞き慣れない言葉に???ですが、

言葉通り、顔がコルことを意味していました。

顔も肩や腰と同様にコリがあるそうです。

普段は意識することはありませんが、

そう言われると顔をマッサージされると気持ちいい。

ちょっと強めだともっと気持ちいいと感じたことがありますが、そ

れが『顔コリ』だったんですね。


顔にはさまざまな表情を作り出す為に、

30種類以上の筋肉、表情筋があるといいます。

その表情筋は、若いときは太く弾力性もあり

皮膚を持ち上げてくれているのですが、

年齢を重ねていくとどんどん衰え細く縮んで固くなってしまいます。

その状態を『顔コリ』と呼ぶそうです。


そしてこの顔のコッた状態を放っておくと、

ほうれい線が現れてくることになります。

ほうれい線の原因はこの『顔コリ』だったんですね。


では、『顔コリ』が原因でなぜ深いシワのほうれい線になるのでしょうか?


番組で分かりやすい例えで説明してくれました。

○リンゴの例

新しいリンゴは中の実が引き締まっているので皮はツルツルスベスベの状態です。

しかし、リンゴが古くなると中の実がしぼみ、

表面をささえきれなくなって表面の皮がシワシワになります。


このリンゴの例を顔に置き換えてみると、

表情筋が細く縮み硬くなると、皮膚は垂れ下がってしまう。

表情筋のコリがひどいほど、ほうれい線の深く長いシワが増えてくる。

ということになってしまいます。


その上、ほうれい線がでるような状況を放っておくと、

さまざまな悪影響を及ぼす危険性があるといいます。


深いほうれい線は『リンパや血液からのSOS』と言われるそうです。

ほうれい線の原因である表情筋の衰えは、

顔にあるリンパや血液の流れを悪くしてしまいます。

顔にあるリンパや血液は表情筋の伸縮運動によって

コントロールされ流れていますが、弱いために役目を果たしきれない。

表情筋がポンプの役目を果たしている感じなのですが、

そのポンプが弱くなってしまったという感じになります。


そのため、表情筋が衰えてしまうと、

この伸縮運動が低下し、リンパや血液の流れが悪化。

すると老廃物がたまり代謝も悪くなり、顔にシミやむくみが

できてしまいます。

それにより、ますます顔は老けていくという悪循環になってしまいます。

その人の骨格によって個人差はあるそうですが、

ほうれい線は老化を知らせてくれるSOSでもあったんですね。

posted by 愛にゃん at 11:08| 美容の話題

2011年04月11日

ほうれい線の有無で見た目年齢が決まる!


『ほうれい線』は見た目の年齢を決定づける最重要ポイントといわれます。

多くの人はひとの年齢を口元で判断していますが、その口元にあるのがほうれい線。

ほうれい線とは口元にあるハの字シワのことです。

見た目の年齢を判断するのは、ほうれい線だというのは

美容皮膚科医の高瀬聡子先生。

これは、先日放送された「つかえるテレビ-見た目を若くする大作戦」という

フジテレビの番組でのひとこまです。

その中で、各世代100人の女性の顔写真を集め、その平均値を元にして作られた、

日本人女性の世代別の平均的な顔データが紹介されました。

そのデータでは、40代を境目にほうれい線が刻まれていくのがよくわかりました。

ほうれい線が年齢を決定付けてしまう線だと言えるとのこと。

実際、番組での実験で24才の女性の顔写真にCGでほうれい線を付けて

街頭・インターネットでインタビュー調査をしていましたが、

ほうれい線を書き加えた方の写真年齢は平均年齢「38.7歳」

ほうれい線があるだけで14歳以上も老けてみるという結果になっていました。

また逆に56歳の女性のほうれい線をCG処理してほうれい線を消して調査したところ、

ほうれい線がないと実年齢よりも4.2歳も若く見らるという結果に。

明らかにほうれい線がない方が若く見えるのは間違いないようです。


ほうれい線があるとなぜ老けてみるのでしょうね?

それは、顔にシワがあると老けていると潜在意識があるということ。

顔が老化していくと、目や額などさまざまな場所にシワができます。

その中でもっとも目立つシワが顔の中心にあるほうれい線。

目立つだけに、ほうれい線があるとグッと老けて見えることになってしまうようです。

posted by 愛にゃん at 23:06| 美容の話題

2011年04月06日

蜂蜜肌の作り方 保湿で美肌!韓国食材利用法


蜂蜜肌の作り方に保湿は欠かせないということ。

肌に関する研究で、韓国の皮膚管理トップクラスと言われるウルジ大学。

そこで韓国の美肌博士とも呼ばれる、

皮膚管理学科の学科長であるハ・ビョンジョ教授の解説です。


韓国人の美肌の秘密は『保湿で蜂蜜肌をつくる』ということ。


韓国での美肌の基本となっていることは何かといえば、

『美しい肌を作る為には食生活、例えば発酵食品のキムチを食べて

お腹の環境も整えるのも大事なことですが、大切なのは

蜂蜜肌を作る保湿です。』ということです。


何より蜂蜜肌をを作ることが重要ということだったんですね。


蜂蜜肌について、

『蜂蜜肌とは、天然保湿因子(アミノ酸、ヒアルロン酸ほか)・水分・油分が

バランス良くそなわって、しっとりツヤがある蜂蜜のように

透き通って見える透明感のある肌のことです。

蜂蜜肌を作るには、保湿は欠かせない』という解説でした。


分かりやすい解説では、

『大根を煮たとき、煮込んでたっぷりと水分を吸い込んだ大根は透き通って見えます。

また新聞紙を濡らすと下が透けるほど透き通って見えます。

これは水分によって光の反射が減り透き通って見えるから。

肌を保湿することで同じ効果が起こり、透明感のある肌になる』

ということだったんですね。

へー、なるほど、そうだったんだと感心。


『そのため韓国では古くから各家庭で食品を使ったパックや、

洗顔法が伝えられていて、それを日常的に行なっている』

ということで美肌が多いんですね!

韓国の街頭インタビューでもはっきりわかったことは、

韓国の女性は肌ケアレベルがハイレベルだということ。

日常的に肌ケアに対して注意を払っているからだったんですね。


韓国での具体的な美肌作りのポイントは『家庭で出来る食材パック』

蜂蜜肌の作り方として伝統的な保湿法としていろいろ紹介されました。

続きを読む
posted by 愛にゃん at 15:21| 美容の話題